宝くじ ロト6 当選番号やロト6予想、攻略等を紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ロト6 とは?

  発売元は全国都道府県および政令指定都市が行い、それを受託し運営しているのが
 みずほ銀行。


  夢ロトくんのシステム運営を受託主催するみずほ銀行での定義はこちら


  特色、しくみ、、購入方法、抽選日、当選等級ごとの条件・確率・理論上の当選金額、
 キャリーオーバー制について詳しく記述されている。


  また、インターネット上でのフリー百科事典でもあるウィキペディアでも詳しく系統図で
 明記されている。ここからはウィキペディアからの引用。

  『数字選択式全国自治宝くじ(すうじせんたくしきぜんこくじちたからくじ)は、
   購入者が申し込む数字を自由に選択できる形式の宝くじである。
   日本でのみ発売されており、現在は4種類が存在する。
   単に「数字選択式宝くじ」と呼ぶ場合もある。』 と掲載されている。

 ここまで引用。

  その内の1つがロト6である。
  自分自身パチンコ・スロット・競馬・競艇・競輪等のギャンブルは一切やらないが、
 数字選択式宝くじだけは違う。
 特に当選金額の大きいロト6だけは私にとって別格である。
 
  今までの当選数字をデータとして様々な手法を用いて解析する。
 よく言われているのが
 ”ランダム理論”、”カオス理論”、”多変量解析”等の統計学
 に使用する手法が主に用いられる。

  私自身この中で勉強したのが ”多変量解析” と呼ばれる手法。
 数量化理論Ⅰ~Ⅲ類、重回帰分析、因子分析、クラスター分析など。

  ロト6でよくいわれるのが 
 ”ランダム理論” である。
 これは抽選に使用される夢ロトくんが機械の中に入った43個の玉をグルグル回してその中から
 ランダムに取り出すやり方をしているのも関係している。
 アメリカなどで竜巻(トルネード)の予測にも使用
 されている。
 発想は全く一緒である。

  しかし、このランダム理論を逆手にとって
 運営主催側であるみずほ銀行で選択される数字を
 コントロールしているというあくまでだが、ウワサ

 が出ている。
 ”火のないところに煙たたず”の昔からの諺があるように案外本当かもしれない。
 私自身出来ると考えている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lotokuji.blog59.fc2.com/tb.php/4-ae6f503c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策済みテンプレート
オリジナルヘッダー画像とバナーサービスのみためデザイン

ファミコン野郎魂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。